銀行系カードローン

そこでやっぱり銀行カードローンがいいと思った人たちも多くいらっしゃるのではないでしょうか。しかし問題はみなさんが銀行カードローンがいいと思っても、銀行カードローンでは簡単に審査に通過出来ないということです。ですから、多くの人たちは、結局は銀行カードローンでない選択を余儀なくされてしまうことになります。

消費者金融という存在も、今貸金業法改正によって、高い金利設定をすることが出来なくなりましたので、多くの人たちが安心して借りることが出来るレベルになって来ました。ここには更に独立型消費者金融と、銀行系カードローンという区別があり、銀行系カードローンを意識した方が比較的金利が低い傾向があるということを覚えておいた方がいいでしょう。前述でも少し記載しましたが、消費者金融では金利ゼロ円サービスなど提供している場合があります。そのサービス形態は各消費者金融で違いますが、例えば1週間無利息金利サービスを謳っている「ノーローン」を利用すれば、給料日までの短い期間だけお金が必要な場合など、返済できる予定が間近にある時は大変便利なシステムといえます。しかも初回だけでなく、完済日の翌月以降の借り入れにも1週間無利息が適用されます。つまり何度でも1週間であれば無利息というわけです。上手に活用すれば、銀行カードローンよりもオススメかもしれません。

例えば、給料日まであと1週間。だけどおこづかいがピンチ!
そこで消費者金融ノーローンで5万円借りた場合、7日後の給料日までに返せば無利息!
しかも、完済日の翌月以降のお借入も1週間無利息が適用になります。

今、消費者金融の形態はひとつではありません。消費者金融は、総量規制の問題などが発生しほとんど自立することが出来なくなり、銀行と共存するような時代となりかろうじてなりたっていたりしていたのです。銀行も小口融資をメイン業務としたいために、消費者金融を保証会社にするなど消費者金融とタッグを組むことにメリットがあると考えるようになりました。消費者金融は銀行系カードローンとなり、しっかりと銀行の支えがあるからより低金利でお金を貸し出しすることが出来るようになったのです。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket